歴史その2

平安時代になると・・・
ほら、タッキーが「義経」やってたでしょう?
その義経の彼女の「静御前」が踊ってた「白拍子」です。
鎌倉時代になると「念仏踊り」が出てきて
室町で観阿弥世阿弥父子により[能楽]完成するんだって!

そして、江戸時代に入っていくわけです~!
まず、歌舞伎踊りの発生。
京四条河原に出雲の阿国が登場。
出雲の阿国は、今で言う「宝塚」・・・男装の麗人だったそうです!
タイムマシンがあるなら見に行きたい!ツアー作っちゃおうか!
そして、遊女歌舞伎の集団が三味線を取り入れる。
(ここでの遊女は、酌婦とか売春とかじゃ無いのよ!
立派な芸人・・・歌ったり・踊ったり・楽器が弾けたり・・・芸者の原型!)
でも・・・美しく・芸達者な女は、罪作り・・・
男の人がほっとく訳無いよね~次第に風紀が乱れやがて
遊郭という一区画の中だけでの舞台演技になっていくの・・・・
でも、結局、政府は、女は、舞台に上がっては、いけないとオフレを出し
女歌舞伎の禁止になってしまうの。
アメノウズメノミコト以来・・・女が踊ってきた世の中は、ここで、いったん終わってしまうのです!女って悲しい!
次回は、「それから?」・・・・
画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年05月04日 09:09
舞踊の世界も歴史に翻弄されてきたんですね。

この記事へのトラックバック