舞tomo

アクセスカウンタ

zoom RSS 歴史その1

<<   作成日時 : 2007/05/03 08:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

少し、歴史のお勉強をしませんか?
なるべく、面白く書くから続けて読みに来てね!
まず、今回は、日本の舞踊(日本舞踊とは、違うのね!)の始まりから書いてみます。
最初は、アメノウズメノミコト(聞いたことある?)
そう!「古事記」(上巻)の「天の岩屋戸こもり」または、日本神話でもあります。
私が読んだ読み物によると・・・

太陽の神、天照大御神(アマテラスオオミカミ)は、弟の荒ぶる神、須佐之男命(スサノオノミコト)の乱暴ぶりに耐えかねて、怒って岩屋の奥に隠れてしまい、世は闇に閉ざされてしまった。

困った八百万(やおろず)の神々が天の岩戸の前で芸達者の天鈿女命(アメノウズメノミコト)が天岩戸の前で賑やかに舞い踊り、(これが後に神楽の原型となったとも伝えられる)それを肴に神々はその周りで宴会を始めました。

その騒ぎに興味をしめした天照大御神が岩戸を少し開いたところを手力雄命(タヂカラオノミコト)が岩戸を開け、投げ飛ばし、世に再び光が戻った。というお話。

そのときのアメノウズメノミコトの舞い踊りこそ、
日本の舞踊の原点です!

ただ、その踊りと言うのは、全裸に近い状態で、船を逆さにに置き(桶という話しもあります)その上を飛び回り、踏み鳴らすというものだったそうです。
大和時代の話です!そして、時は、平安時代になります。・・・また明日ね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歴史その1 舞tomo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる